本文へジャンプ メインメニューへジャンプ
ここから本文です

学科・専攻科Department / Advanced Course

機械工学科

機械工学科

身近な機械から未来を創造する

自動車、航空機、ロボットなどを設計・開発するために必要な、機械構造、材料、プログラムなどを幅広く勉強するのが、機械工学科です。機械工学科では、力学を中心とする機械工学の基礎学力を重視したカリキュラムを組んでいます。また、メカトロニクス技術、設計技術、工作機械を用いたものづくり教育にも力を入れています。

こんな人におすすめ
  • ものづくりに興味関心の強い人
  • 人に役立つものを積極的に作りたいと考えている人
  • 日本だけでなく、世界で活躍したいと考えている人
  • 数学や理科などの自然科学系科目が得意で興味のある人

この学科の特徴

1

イメージ画像

モノ作りの基盤となる
機械工学の知識を修得

機械工学は、科学技術を人間に役立つ”モノ”として形にするためには不可欠な工業技術の基本です。限りあるエネルギを有効に利用することや、自動車、航空機などの人間に役立つ機械装置を設計すること、また、それらの製品を作り出すための機械の設計や、製造方法の研究、材料の開発などが機械工学の主要な分野です。

2

イメージ画像

最先端の研究を行う
多彩な教師陣

高専初の衛星を打ち上げてみたり、構造的な管路の流れだけでなく人体における 血流の流れを研究してみたり、工業における新規の国際工業規準を提言してみたりと、教師陣の研究内容は多彩で、世界最先端です。学生がそれらの研究に携わることで、世界のレベルを認識したり、研究における倫理観を養ったりできるような仕組みを取り入れています。

3

イメージ画像

実習を支える
技術職員

企業での就労実績を持つ方がほとんどで、モノ作りの勘所を抑えつつ、安心安全の体制で学生が実習に取り組めるように、対応と配慮をしております。実習の体験は、モノ作りの技能・技術の習得だけでなく、モノ作りに必要な学問の理解を深くするとともに新たな製品の設計や開発のための創造力育成に効果的に寄与します。

Teacher’s Voice
講師 平間 雄輔
機械工学科
講師 平間 雄輔

『機械工学』は、目的を達成するための機械・装置・ロボットなどを「設計」して、それを「製作」して、適切に「動作」させるまでの全てを対象とする学問です。機械工学科のカリキュラムは、『熱力学』、『流体力学』、『材料力学』、『機械力学』など、力学に関する基礎科目に重点をおいています。また、工場実習や工学実験を通じて旋盤を始めとする、いろいろな工作機械の使い方や、機械工学のいろいろな原理を体得します。あわせて、レポートの書き方についても学習します。他にも、『電気工学』、『電子工学(エレクトロニクス)』、『情報処理』なども重視しています。電気工学、電子工学、情報処理については、これらを専門的に扱う学科に比べると専門性は劣りますが、機械系のエンジニアに必要な基礎知識は十に学習できるようにカリキュラムを編成しています。

Student’s Voice
4年 Y.T
機械工学科
4年 Y.T

機械工学科では設計製図や工作実習などの実技科目を通して機械についての知識を身に付けていきます。設計製図では1、2年次は主に手書き製図を学習し、3年生以降は3D-CAD というものを使います。工作実習では旋盤やフライス盤などの工作機械を使った加工やエンジンの分解・組み立て、ロボットの制御等を行います。どちらも1年次のうちから授業があるため高専入学後すぐに機械についての学習ができます。
また、機械工学科には質問すると丁寧に答えてくれる先生方や、実習を支えてくれる技術職員の方がいるので安心して学習に取り組むことができます。
友人関係も男女問わず仲良くなることができ、とても楽しい学校生活を送っています。
是非皆さんも機械工学科で技術者を目指してみませんか?

この学科のコンテンツ一覧

ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です