本文へジャンプ メインメニューへジャンプ
ここから本文です

学科・専攻科Department / Advanced Course

専攻科

専攻科
生産システム工学専攻

本科で学んだ機械工学、電子メディア工学、電子情報工学に関する知識を基礎として、さらに2年間、専門領域や三学科の融合領域について大学の学士課程に相当する分野を学びます。また、実践教育である特別研究を通して、各種の機器、デバイス、システムなどの開発・設計・製造を行うための基礎的能力が身に付いた創造的な人材を育成します。

環境工学専攻

本科で学んだ物質工学や環境都市工学に関する知識を基礎として、さらに2年間、専門領域や二学科の融合領域について大学の学士課程に相当する分野を学びます。また、実践教育である特別研究を通して、材料化学、生物工学、環境、都市、防災などの開発・設計・製造を行うための基礎的能力が身に付いた創造的な人材を育成します。

専攻科を薦められると思われる学生像
  • 困難な技術、新しい材料や装置の開発にあきらめずにチャレンジできる人
  • 人類の繁栄と地球環境を守るための科学技術に関心のある人
  • 国際的な場で活躍したいという希望をもっている人
  • 先進的な工業技術に興味があり、自ら進んで学習する意欲のある人

専攻科の特徴

1

イメージ画像

より高度な研究指導

特別研究を通して研究成果を国内外の学会で発表できます。

2

イメージ画像

学士号の取得

学士(工学)の学士号を取得して、社会で活躍できます。

3

イメージ画像

多彩な進路

就職にも強く、大学院進学にも十分な力を発揮できます。

専攻科で学士を取得する二つの方法

特例適用認定専攻科

(独)大学改革支援・学位授与機構で認定された本校での授業・特別研究を修得したのち学位授与機構から学位(学士)が授与されます。

先進テクノロジー実践連携教育プログラム

長岡技術科学大学と連携・協力し、本校と長岡技術科学大学との両校に籍をおいて授業・特別研究を修得したのち大学から学位(学士)が授与されます。

Teacher’s Voice
物質工学科教授 太田 道也
専攻科長
物質工学科教授 太田 道也

高専の5年間の勉強や体験を基礎とし、さらに2年間、大学3年生・4年生相当の高度な専門分野を学び、研究技術を修得するのが専攻科です。本校専攻科は大学改革支援・学位授与機構から特例適用専攻科としての認定を受けており、修了と同時にほぼ確実に学士(工学)の学位が取得できます。進路は就職以外に、いろいろな分野の大学院への進学が多いという特徴があります。本科とあわせて7年間、慣れ親しんだキャンパスで学び、学生と教員、学生同士の距離が近いのも特徴のひとつです。早くから研究に取り組んで、成果を国内だけでなく海外の学会で発表することも珍しくありません。そうした環境の中、技術者・研究者として活躍する日を夢見て、日々、勉学や研究に研鑽を積んでいます。

Student’s Voice
2年 M.Y
生産システム工学専攻
2年 M.Y

みなさん、専攻科って聞いたことありますか?専攻科は、本科と呼ばれる学科の5年間の後に、さらに2年間、より専門的な勉強や研究を学ぶところです。環境を変えることなく、本科から継続して、濃密に専門分野を習熟できる利点があり、講義のスタイルも大学とほとんど変わりません。また、専攻科修了後は、ほとんどの人が大学院に進学していきます。生産システム工学専攻では、機械工学科、電子メディア工学科、電子情報工学科の3学科の卒業生が所属しており、他科の出身者とも仲良く、交流もさかんです。研究においては、学会発表や企業との共同研究があるなど、技術者や研究者を目指す人にとって、最高の環境と言えるでしょう。みなさん、群馬高専で一緒に学んでみませんか。

2年 K.N
環境工学専攻
2年 K.N

高専では、一般科目から専門科目まで幅広い分野を学びます。その中で自分の「やりたいこと」を見つけ、5年生ではそれを卒業研究という形で掘り下げることで、様々な経験を得たり知識を自分のものにしたりしていきます。専攻科では卒業研究に継続してさらに2年間、一貫した研究に取り組むことができます。それに付随して、未来の技術者としての知識を磨くことができるだけでなく、学会発表等を通じて有意義な経験を積むことができると思います。また、環境の変化に左右されることなく勉強や研究ができることや、大学院進学をしやすいことも魅力の1つです。
慣れ親しんだ場で自分の「やりたいこと」をとことん追求したい人にとって、専攻科は非常に大きな味方です。ぜひ専攻科への進学を視野に入れてみてください。

この学科のコンテンツ一覧

ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です