本文へジャンプ メインメニューへジャンプ
ここから本文です

学科・専攻科Department / Advanced Course

環境都市工学科

環境都市工学科

大きなスケールで「ものづくり」をおこなう

環境都市工学科では、社会生活を豊かにするために、自然環境との調和、市民生活のサポート、防災に関することを中心に学びます。近年ではデジタル技術を活用した情報化施工にも力を入れています。我々がつくるものは、社会のために何十年から何百年もの長きにわたり使われ続けます。

こんな人におすすめ
  • 地図に残るものをつくりたい
  • 海外の人と働きたい
  • 災害や環境問題で困っている人を守りたい
  • 人とのコミュニケーションが好きである

この学科の特徴

1

イメージ画像

基礎となる
6つの専門分野を学ぶ

専門分野を幅広く学びます
「材料・コンクリート」
「土質・地盤」
「水工・水理」
「構造・耐震」
「都市・交通」
「環境・衛生」

2

イメージ画像

人間性豊かな
エンジニアを育成

測量・コンクリート打設・汚泥処理実習では、グループで知恵を出し助け合いながら成果を出すことを体験したり、市民生活を支えているダム・終末処理場・ICT建機・橋梁等を見学するなど、各専門分野に関わる将来的に活躍する場を体感します。

3

イメージ画像

多彩な進路選択

就職では、国や自治体の公務員、ゼネコン、測量・調査設計、建設コンサルタント、道路・鉄道・通信・エネルギーなどの民間企業、進学では、国立大学の工学部を中心に、農学部、理学部あるいは経済学部の実績があります。

Teacher’s Voice
講師 井上 和真
環境都市工学科
講師 井上 和真

もしも、橋が無ければ、鉄道が走っていなければ、水道水が汚れて飲めなければ・・・と想像してみてください。安全・安心で暮らすために必要なインフラが当たり前のように整備・管理されていますが、これらは土木技術者の支えがあるからと言えます。頻発する自然災害や環境問題等も本学科の学問の対象ですが、先人達の知恵とIoTなどの新しい技術を組み合わせた問題解決のための学習も行なっています。
また、本学科では大学卒業同等レベルとみなされる技術士第一次試験の受験をサポートしてしており、例年多くの合格者を輩出しております。このように高専は自由な校風のもとで、学生の皆さんが大きく成長する教育環境が整っております。

Student’s Voice
4年 T.T
環境都市工学科
4年 T.T

“我々は地図に載るものを作る。”これは僕が入学して間もないころある先生がおっしゃっていた言葉です。僕はこの言葉に感銘を受け、入学から今まで勉強に励んでいます。環境都市工学科では「土木」について学習しています。土木と聞くと少しマイナスなイメージを持つ方もいるかもしれません。しかし、近年土木の技術は著しく発展しており一昔前の土臭いイメージはほとんどありません。3DCADを利用した設計や無人・遠隔で動く重機、ドローンによる測量など聞くだけでワクワクすることがたくさんあります。本学科ではそんな土木を基礎から学びます。道路などのインフラをはじめ地震や洪水の防災など陰で人や自然を守るのも我々の役目です。是非、環境都市工学科でみんなの笑顔を守る技術者を目指してみませんか。

この学科のコンテンツ一覧

ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です