本文へジャンプ メインメニューへジャンプ
ここから本文です

学科・専攻科Department / Advanced Course

物質工学科

物質工学科

化学・生物の力を使って未来の社会に貢献しよう!

身近な自然現象から最先端の科学技術までを理解し、これらを使いこなしていくためには、化学・生物の基礎をしっかりと身に着けることが大切です。物質工学科では、原子や分子、物質、生命現象、それらを操るナノテクノロジー、バイオテクノロジーなどの基礎を中心に学びます。4年生からは「材料化学コース」と「生物工学コース」に分かれ、より専門的な学習をします。

こんな人におすすめ
  • 化学や生物に興味を持ち、物質や生命現象について深く学びたい人
  • 物質の成り立ちに興味を持ち、自分の手で新しい材料を作り出したい人
  • 最先端の科学や技術を駆使して国際的に活躍したい人

この学科の特徴

1

イメージ画像

低学年から始まる丁寧な実験指導

1年生から充実した学生実験の指導が受けられます。基本となる実験操作からレポートの書き方までしっかりと習得できるよう、一人一人丁寧にサポートします。

2

イメージ画像

専門分野を深める
コース制

4年生になると「材料化学コース」と「生物工学コース」に分かれ、少人数でより専門性の高い内容を習得します。材料化学コースでは、材料の構造と性質、製法などについて、生物工学コースでは生物の構成要素と役割、それらの有効活用などについて深く学びます。

3

イメージ画像

充実した最先端の
測定装置

高学年の学生実験や卒業研究では、最先端の測定装置を使用します。物質の構造や性質を調べることのできる各種分析装置が充実しています。卒業研究で得られた成果を学会で発表することもあります。

Teacher’s Voice
准教授 工藤 翔慈
物質工学科
准教授 工藤 翔慈

中学生の頃の私は魚が好きで、よく飼っていました。分からないなりに酸性、アルカリ性、溶存酸素などの化学っぽい言葉に親しみがありました。化学を学んで言葉の意味が分かったときの面白さを今でも覚えています。
物質工学科では、化学と生物を中心に、原子や分子などのミクロな視点から日常で目にする製品などの巨視的な視点まで、物質の性質や活用・製造技術について学びます。身の回りの物質すべてを対象にできます。座学だけでは学び取りづらい物質の性質や取扱いなどを1年次から実験科目で体験的に学べること、化学系ならではの器具や分析装置を使用する実験に低学年のうちから取り組むのが魅力的な特徴です。
物質工学科で学んだことは、環境技術や新規有用物質の創製、資源・エネルギーの高効率な変換技術の開発など、持続可能な社会のための取り組みに活かせます。群馬高専物質工学科で学んで、日本の、そして地球の未来を築く一歩を踏み出しませんか?

Student’s Voice
4年 S.M
物質工学科
4年 S.M

目の前にある物質や今動かしている手、吸い込んでいる空気は、元をたどると原子からできています。化学は私たちのとても身近なところにあるのです。物質工学科では、そんな化学や生物の基礎から始め、大学で扱う範囲の材料化学や生物学などを学ぶことができます。
白衣を着て行う学生実験では、講義で学習したことを実際に自分の目で確かめることで、より理解が深まります。たくさんの実験器具を扱うので、低学年から実験の基礎的な技術を身に付けることができます。また、同じ専門分野を学ぶ仲間と協力し、相談し合いながら実験や専門分野の学習ができることも本学科の魅力のひとつです。
他の学科に比べ女子学生が多いので、男女関係なく化学や生物に興味がある、本格的な実験をやってみたい、理系な同志に出会いたい、という方は是非物質工学科で私たちと一緒に楽しい学校生活を送ってみませんか。

この学科のコンテンツ一覧

ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です