本文へジャンプ メインメニューへジャンプ
ここから本文です

学科・専攻科Department / Advanced Course

電子情報工学科

電子情報工学科

「コンピュータと未来を拓く」エンジニアへ

コンピュータや通信機器の設計開発、これらを用いた情報処理・情報通信などの技術開発に必要な電子工学・情報工学を修得するのが電子情報工学科です。電子情報工学科では、専用のサーバーに接続したパソコンを一人一台利用できる環境で、高度で専門的なプログラミング教育を行っています。

こんな人におすすめ
  • コンピュータを使っていろいろなことをするのが好き
  • コンピュータがどうやって動いているのかに興味がある
  • コンピュータを使っていろいろなアイデアを実現してみたい
  • コンピュータの新しいカタチを作り出したい

この学科の特徴

1

イメージ画像

情報工学と電子工学を

融合させた教育

電子情報工学科では情報工学の分野ではコンピュータをどのように動かすかというソフトウェアと、コンピュータどのように動いているかというハードウェアを学びます。これらに加えてコンピュータを応用した機器を理解する電子工学を合わせて各分野のバランスを取りながら幅広く体系的に学びます。

2

イメージ画像

実験実習のための

各種設備

プログラミングの実験実習のためのパソコンが1人1台用意され、さらにマイコンボードや論理回路実習装置もあります。電子工学関連の実験実習用の測定装置がそろえてあります。そのほか、身体の動きに関する実験に使われるモーションキャプチャ装置や、音響関係の実験のための防音室があります。

3

イメージ画像

学生をサポートする

教員・技術職員

学生の授業や実験実習は企業での実務経験者を含むさまざまな背景を持つ教員が担当します。5年生で高専での学習の総仕上げとして実施される卒業研究では、各教員から直接指導を受けることができます。実験実習では豊富な経験を持つ技術職員のサポートも受けられます。

Teacher’s Voice
教授 市村 智康
電子情報工学科
教授 市村 智康

1990年代、いわゆるインターネットと携帯電話の急速な普及により、一般家庭でも情報化が進み、コンピュータをはじめとする情報技術が大変身近な存在になりました。そして、現代、2010年代からの飛躍的なコンピュータの高性能化と低価格化により、IoTや第4次産業革命と呼ばれる情報化による技術革新の大きな波が世界を変えつつあります。
電子情報工学科は、こうした現代社会の情勢に応え、「コンピュータと未来を拓く」エンジニアの育成を目指しています。その実現のため、カリキュラムは、コンピュータの1)理論、2)ハードウェア、3)ソフトウェアを中心にバランス良く構成されています。さらに、プログラミングや論理回路設計などの実験実習を通して実践的な技術も身につけられます。
まずはスマートフォンやビデオゲームなどへの興味から電子情報工学科へ入学し、さらに次世代を変えるエンジニアを目指す、という選択肢も良いのではないのでしょうか。

Student’s Voice
4年 I.Y
電子情報工学科
4年 I.Y

電子情報工学科では、プログラミングなどのソフトウェアに加え、ハードウェアの知識についても学びます。そのため、最終的には一人で装置の設計を行う技術が身に付きます。その他実験や実習も多く、高い実践経験を積むこともできます。
高専では自由に使える時間が多く、何をするかは自分で決めることになります。この時間にプログラミング言語などの専門知識を自学自習している人もいます。そうした意識の高い人からは日々刺激を受けます。このような高専での生活を通して、自立心や自主性を育むことができます。
また、先生方は深い専門知識を持たれており、学習について逐一相談することができます。そして、質問に対して丁寧に答えていただけるので、専門知識を持たずに入学しても、全く問題ありません。プログラミングや情報系の仕事に興味がある方、電子情報工学科で一緒に学びましょう!

この学科のコンテンツ一覧

ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です