本文へジャンプ メインメニューへジャンプ
ここから本文です

学科・専攻科Department / Advanced Course

電子メディア工学科

電子メディア工学科

通信・材料・エネルギーのエキスパートを目指す

「メディア(Media)」という言葉には「媒介」「媒体」といった意味があります。電子を媒介・媒体(メディア)とした科学分野にエレクトロニクスの理論や技術を駆使した工学が「電子メディア工学」というわけです。言い換えると、「電子の運動がかかわった非常に広い学問分野」とその応用の「工学(エレクトロニクス)」を意味しています。例えば携帯やパソコン、ロボットの制御、情報通信やエネルギーの伝送等々、数えだすときりがありません。これらの広い工学分野が電子メディア工学です。

こんな人におすすめ
  • モノが動く仕組みについて興味がある
  • 電子工作が大好きで、回路、基板などの設計をしてみたい
  • 電気、電子に関連する広範囲の工学分野について学習したい
  • 数学や物理などの自然科学分野を極めたい

この学科の特徴

1

イメージ画像

電気、電子に関する知識を無理なく学べる
カリキュラム

電子メディア工学科の授業には、その名前の通り電気、電子、数学、物理系の科目が多数準備されています。それに加えて、各講義に対応した演習科目が設定されており、講義で学習した知識の活用方法を習得します。その結果として、実社会における未知かつ困難な諸問題に学習した知識を活用できる能力を育てます。

2

イメージ画像

基礎から応用まで徹底的に指導する学科体制

入学当初から5年間の長期間において、基礎、応用、発展レベルと徐々に必要とされる知識、技術、能力は高くなっていきます。電子メディア工学科では、授業、実験、研究の全てにおいて、その根底として必要となる知識、技術、能力を、各レベルにおいて所属教員、技術職員が徹底的に指導し、学生の成長をサポートします。

3

イメージ画像

各種実験、実習に用いる
多種多様な設備を完備

高等専門学校は普通高校と比較すると、実験、実習系の科目が非常に多く設定されております。電子メディア工学科では、1年から5年まで必ず実験系科目、もしくは卒業研究が設定されており、それらの実験、実習で使用するオシロスコープ等の測定機材、基板加工機等の制作機材も十分な数を取り揃えています。

Teacher’s Voice
教授 平井 宏
電子メディア工学科
教授 平井 宏

私たちの周囲では、多種多様な形で電気が利用されています。家の中を見ただけでも、照明器具、電子レンジ、洗濯機などの家電製品から、電卓、腕時計などに至るまで存在します。外に出ると、電車や工場内のロボットは電気で動き、銀行ではATMで他行の口座に振り込むことができます。利用の仕方も、単純な熱源、光源、動力源としての利用から、電磁波による通信、あるいはエレクトロニクスの高度な利用とさまざまです。このような電気の従う基礎方程式がマクスウェルによって明らかにされたのは1864年でした。その後、人間の生活は大きく変化しました。電子メディア工学科では、電気・電子のあらゆる分野で必要とされる専門的な知識と応用力を身につけます。

Student’s Voice
4年 T.Y
電子メディア工学科
4年 T.Y

皆さんは「でっかいこと」をするのは好きでしょうか?私は子供の時からとにかくでっかいことやものが好きでした。でっかい実験装置ででっかい音を轟かせながら訳の分からないことを行う、これに最も近いことが行えるのが群馬高専電子メディア工学科です。電子メディア工学科では、「電気」にまつわる様々な学問を、高度な数学や実践的な実験を通して学ぶことができます。さらに、工学分野の基礎である数学や物理学を他学科に比べ重点的に学んでおり、「工学」を基礎からしっかり学びたい人たちにもピッタリな学科と言えます。電気や工学に興味がある人はもちろん、何かでっかいことをしてみたいという人にはぜひ一度見学にきてほしいです!私たちと一緒に、でっかいイノベーションを起こしましょう!

この学科のコンテンツ一覧

ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です