専攻科
カリキュラム
教員紹介
進路情報
専攻科Webサイト
 学科における5年間の基礎の上に、大学3、4年次の課程に相当する、より高度で専門的な内容を積み上げて勉強するのが、専攻科です。機械、電子メディア、電子情報工学を主に修める生産システム工学専攻と、物質、環境都市工学を主に修める環境工学専攻の2コースがあります。

Teacher'sVoice

専攻科長
専攻科長
太田 道也
(物質工学科教授)
 高専の5年間の勉強や体験を基礎とし、さらに2年間、大学3年生・4年生相当の高度な専門分野を学び、研究技術を修得するのが専攻科です。本校専攻科は大学改革支援・学位授与機構から特例適用専攻科としての認定を受けており、修了と同時にほぼ確実に学士(工学)の学位が取得できます。進路は就職以外に、いろいろな分野の大学院への進学が多いという特徴があります。本科とあわせて7年間、慣れ親しんだキャンパスで学び、学生と教員、学生同士の距離が近いのも特徴のひとつです。早くから研究に取り組んで、成果を国内だけでなく海外の学会で発表することも珍しくありません。そうした環境の中、技術者・研究者として活躍する日を夢見て、日々、勉学や研究に研鑽を積んでいます。

Student'sVoice

生産システム工学専攻科生
生産システム工学専攻
2年 M.Y
 みなさん、専攻科って聞いたことありますか?専攻科は、本科と呼ばれる学科の5年間の後に、さらに2年間、より専門的な勉強や研究を学ぶところです。環境を変えることなく、本科から継続して、濃密に専門分野を習熟できる利点があり、講義のスタイルも大学とほとんど変わりません。また、専攻科修了後は、ほとんどの人が大学院に進学していきます。生産システム工学専攻では、機械工学科、電子メディア工学科、電子情報工学科の3学科の卒業生が所属しており、他科の出身者とも仲良く、交流もさかんです。研究においては、学会発表や企業との共同研究があるなど、技術者や研究者を目指す人にとって、最高の環境と言えるでしょう。みなさん、群馬高専で一緒に学んでみませんか。
環境工学専攻科生
環境工学専攻 
2年 K.N
 高専では、一般科目から専門科目まで幅広い分野を学びます。その中で自分の「やりたいこと」を見つけ、5年生ではそれを卒業研究という形で掘り下げることで、様々な経験を得たり知識を自分のものにしたりしていきます。専攻科では卒業研究に継続してさらに2年間、一貫した研究に取り組むことができます。それに付随して、未来の技術者としての知識を磨くことができるだけでなく、学会発表等を通じて有意義な経験を積むことができると思います。また、環境の変化に左右されることなく勉強や研究ができることや、大学院進学をしやすいことも魅力の1つです。
 慣れ親しんだ場で自分の「やりたいこと」をとことん追求したい人にとって、専攻科は非常に大きな味方です。ぜひ専攻科への進学を視野に入れてみてください。
ページのトップへ
群馬工業高等専門学校 〒371-8530 群馬県前橋市鳥羽町 580 番地
Tel. 027-254-9000(代表) Fax. 027-254-9022