物質工学科
カリキュラム
教員紹介
進路情報
学科ホームページ
 原子や分子、物質、生命現象、それらを操るナノテクノロジー、バイオテクノロジーなどの基礎を学ぶとともに、環境化学や情報技術などの周辺分野についても勉強します。4年生からは「材料化学コース」または「生物工学コース」のいずれかを選択し、より専門的な勉強をします。

Teacher'sVoice


物質工学科
教授 大和田 恭子
 皆さんは、理科の実験で金属が溶けて気体が発生するのを観察したり、顕微鏡で観察しないと見えない微生物も人間と同様、DNAが遺伝物質であることなど不思議に思ったことはありませんか?私は、中学1年の理科の最初の授業で先生が「植物の葉は緑色にみえるのはなぜか?」とクラスに投げかけた質問がきっかけで一気に理科に魅了されて現在の専門分野に進みました。
  物質工学科は、化学と生物学を中心に、物質を構成している原子や分子のレベルから目にみえるマクロなレベルについて、物質そのものの性質や活用技術について学びます。1年次から多くの実験実習を通して、座学で学んだ内容を体験的に身につけることができるのも魅力です。物質工学科での学びは、地球環境に配慮した持続可能な社会のための有用物質の創製、医薬品等の開発、高効率な物質・エネルギー変換技術の開発につながっています。化学とバイオの力で未来を一緒に築いていきませんか。

Student'sVoice


物質工学科
4年 R.M
 物質工学科は、世の中に存在する物質の構造や性質、さらには物質同士の反応などを学ぶ学科です。1年次から設備の整った環境で実験を行っているので、座学だけでは身につけられない、実践的な能力を養うことができます。また、4年生からは「材料化学コース」と「生物工学コース」とに分かれて、自分が興味を持った分野、学習したい分野をさらに深く突き詰めることが可能です。
 専門科目や複雑な実験、レポート作成に初めは戸惑うかもしれませんが、先生方が丁寧に教えて下さいます。勉強だけでなく、高専の自由な校風を活かして、充実した学生生活を送れます。
 化学や生物に興味のある方、楽しく学びながら高度な知識・技術を習得したい方は、ぜひ物質工学科で一緒に学びましょう!
ページのトップへ
群馬工業高等専門学校 〒371-8530 群馬県前橋市鳥羽町 580 番地
Tel. 027-254-9000(代表) Fax. 027-254-9022