電子情報工学科
カリキュラム
教員紹介
進路情報
学科ホームページ
 コンピュータや通信機器の設計開発、これらを用いた情報処理・情報通信などの技術開発に必要な電子工学・情報工学を修得するのが電子情報工学科です。 電子情報工学科では、専用のサーバーに接続したパソコンを一人一台利用できる環境で、高度で専門的なプログラミング教育を行っています。

Teacher'sVoice


電子情報工学科
教授 市村 智康
 1990年代、いわゆるインターネットと携帯電話の急速な普及により、一般家庭でも情報化が進み、コンピュータをはじめとする情報技術が大変身近な存在になりました。そして、現代、2010年代からの飛躍的なコンピュータの高性能化と低価格化により、IoTや第4次産業革命と呼ばれる情報化による技術革新の大きな波が世界を変えつつあります。
 電子情報工学科は、こうした現代社会の情勢に応え、「コンピュータと未来を拓く」エンジニアの育成を目指しています。その実現のため、カリキュラムは、コンピュータの1)理論、2)ハードウェア、3)ソフトウェアを中心にバランス良く構成されています。さらに、プログラミングや論理回路設計などの実験実習を通して実践的な技術も身につけられます。
 まずはスマートフォンやビデオゲームなどへの興味から電子情報工学科へ入学し、さらに次世代を変えるエンジニアを目指す、という選択肢も良いのではないのでしょうか。

Student'sVoice


電子情報工学科
4年 I.Y
 電子情報工学科では、プログラミングなどのソフトウェアに加え、ハードウェアの知識についても学びます。そのため、最終的には一人で装置の設計を行う技術が身に付きます。その他実験や実習も多く、高い実践経験を積むこともできます。
 高専では自由に使える時間が多く、何をするかは自分で決めることになります。この時間にプログラミング言語などの専門知識を自学自習している人もいます。そうした意識の高い人からは日々刺激を受けます。このような高専での生活を通して、自立心や自主性を育むことができます。
 また、先生方は深い専門知識を持たれており、学習について逐一相談することができます。そして、質問に対して丁寧に答えていただけるので、専門知識を持たずに入学しても、全く問題ありません。プログラミングや情報系の仕事に興味がある方、電子情報工学科で一緒に学びましょう!
ページのトップへ
群馬工業高等専門学校 〒371-8530 群馬県前橋市鳥羽町 580 番地
Tel. 027-254-9000(代表) Fax. 027-254-9022