群馬高専に就職をお考えの皆様へ

 ものづくりへの夢と希望を持った学生の教育と支援に、私たちと一緒に取り組む、熱意ある人材を求めています。

教員からのメッセージ

メッセージ

一般教科(人文科学) 田貝和子 准教授
Q 群馬高専に就職した理由を教えてください。
A 群馬高専の前に秋田高専で2年間勤めていました。それ以前は,何年もあちこちの大学で非常勤講師をしており,実際に東奔西走していました。私の専門分野の研究者の中には,ずっと非常勤講師で研究を続けている方もいらっしゃいますが,所属があるということは,私にとって,研究を続けていく上でのモチベーションとなっています。
Q 高専での仕事の印象を教えてください。
A 高等学校とも大学とも違う,特別な環境だと思います。専門分野は日本語学で,低学年の国語,高学年の文章表現,留学生の日本語を担当しています。理系ですから,国語が苦手な学生が多くいるので,あいまいな発問はできません。その意味で国語指導力が少し身についたかもしれません。
Q メッセージまたは今後の抱負を教えてください。
A 自分の意見をことばで表現することは,高専生は苦手のようですが,それほど難しいことではありません。話すにしろ,書くにしろ,自分の考えを表現することにより,思考が深まります。その手助けを少しでもしていきたいと思っています。

ページのトップへ

物質工学科 工藤まゆみ 助教
Q 群馬高専に就職した理由を教えてください。
A 小さい頃から教師になるのが夢であり,教育機関に就職したいと考えておりました。また,大学で研究室に配属されてからは研究も続けたいと考えるようになり,教育と研究の両方できる高専の教員になりました。
Q 高専での仕事の印象を教えてください。
A 高専教員の仕事は,高校と大学の教員の仕事を足したようなものだと伺っておりましたが,まさに多岐にわたる仕事内容だと感じています。仕事量は多いですが,若い学生達と様々な経験ができることは楽しく,充実した仕事という印象です。
Q メッセージまたは今後の抱負を教えてください。
A 若いうちから手厚い専門教育を受けている学生達の実力はとても大きなものだと感じています。学生が高専を卒業してからも,自信を持って社会で活躍していけるよう,きめ細かい指導を心がけていきたいと考えています。

ページのトップへ

環境都市工学科 鈴木一史 講師
Q 群馬高専に就職した理由を教えてください。
A 研究が続けられ,かつ教育という自分にとって新しい経験が積める点です。特に高専の学生は目的意識が高く,そうした環境で人材育成に関わることができるのは大変やりがいがあると感じたからです。
Q 高専での仕事の印象を教えてください。
A 学校全体が一丸となって,教育・研究・校務と多彩な業務をバランス良くこなしている印象があります。また,学生との距離感が近いだけでなく,校務を通じて他学科・異分野の先生方とも気軽にお話できる点も印象に残っています。
Q メッセージまたは今後の抱負を教えてください。
A まだ慣れない面も多々あり,教員としては未熟ではありますが,学生の皆さんの勉学・研究をサポートできるよう,日々努力していきたいと思います。
ページのトップへ
群馬工業高等専門学校 〒371-8530 群馬県前橋市鳥羽町 580 番地
Tel. 027-254-9000(代表) Fax. 027-254-9022