3つのポリシー(機械工学科)

機械工学科ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

 機械工学科では本校に5年以上在籍し、所定の単位を修得することで以下に掲げる学習目標を達成し、修得すべき知識・能力を有するものと判断された学生に対して、卒業を認定します。

1.学習目標

  1. 地球的規模での人、社会、環境について倫理・教養の基本を身に付ける。
  2. 技術的問題解決のための幅広い工学の基本的知識を身に付ける。
  3. 技術的問題解決のための専門分野の基本的知識を身に付ける。
  4. 技術的課題を分析し、解決するためのシステムをデザインする基礎能力を身に付ける。
  5. コミュニケーション能力・プレゼンテーション能力を身に付ける。

2.修得すべき知識・能力

3.卒業に必要な単位

 卒業の認定は、学則に定める一般教科(各学科)の各学年における必修科目の最低履修単位数並びに専門科目の各学年における必修科目及び選択科目の最低履修単位数を修得したものを対象とする。

ページのトップへ

機械工学科カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

 機械工学科ではディプロマ・ポリシーに定めた知識・能力を身に付けるため、本校の教育理念及び学習・教育目標、さらには、学科の教育目的を踏まえて、以下のとおり教育課程を編成し、成績評価基準に基づき厳格な評価を行います。

1.教育課程の編成

 低学年では、数学、物理、国語、英語などの人文科学及び自然科学科目を多く配置し、高学年に進むにつれて専門科目が多くなるくさび形授業科目を配置している。
 機械工学科の科目構成は機械系学科の主幹である機械系4力とよばれる材料力学、流体力学、熱力学、機械力学を主軸にして、より高度な機械システムの基礎となる、機械加工系、制御・メカトロニクス系、材料系の専門科目を設けている。 機械工学科を構成する科目を基礎領域と応用領域とに分類すれば、機械工学概論や機械製図など、数理的な素養をあまり前提としない基礎領域の科目は低学年から実施し、4力など、基礎的な数学や力学の素養を前提とする応用領域の科目は高学年から実施している。
 実技科目には工作実習と設計製図があり、どちらも機械系の技術を支える重要な技能的色合いの濃い科目である。 工作実習は1年次3時間、2年次4時間、3年次2時間の通年科目であり、旋盤加工など、従来から機械加工において基本的で重要なものをメインテーマにし、一部分、5軸マシニングセンタなど高度なものもテーマにしている。工作実習では「低学年からハードウェアとソフトウェアに触れてみる」をキャッチフレーズにして、ライントレースカーやロボットなどのメカトロニクス教育にも力を入れている。
 また、設計製図については、1年次通年2時間と2年次前期4時間で機械製図の基本を手書き製図にて実習しており、続く2年次後期2時間で2次元CADを用いた製図を実習している。 実際の設計現場では2次元CADも用いられてはいるが、3次元CADが機械設計の主流であることを鑑み、3年次通年2時間で3D-CADという科目を設けている。 それ以降、4年次の設計製図の科目ではもっぱら3次元CADを用いている。
 4年次通年3時間の設計製図では、2段歯車減速機を設計し、3次元CADを用いて設計したり製図したりする。 学生ごとに異なる減速比、出力トルク、ケーシング寸法が設計仕様として与えられ、学生は、その設計仕様を満足するような軸・歯車・ケーシングの強度計算などを、その時点での材料力学などの知識を総動員して試行錯誤で検討し、最終的に設計書とその3D図面を完成させる。 この授業では、更に歯車をホブ盤で切り出し、ケーシングを3Dプリンタで製作して、実際に組立まで行い、設計から試作までの全体の総括を授業の最後にグループ発表している。 以上のように、4年次の設計製図では、設計・試作・発表の一連の流れを体験することができるPBL教育を実践している。

2. 成績評価基準

 全科目において成績評価基準を次のように定めています。

  1. 中間成績及び学期成績は、それぞれの試験成績、報告書及び論文、平素の学修状況等を総合して、科目ごとに評価する。 なお、学期成績は中間成績も考慮する。
  2. 成績評価は、100点法による整数値(以下「評点」という。)で行う。
  3. 前期、後期を通じて履修する科目の学年成績の評点は、前期成績の評点及び後期成績の評点の算術平均とする。 この場合において、平均点は小数点以下第1位を四捨五入し、整数とする。 前期または後期のみで終了する科目については、前期又は後期の学期成績をもって学年成績とする。
  4. 学年成績が60点以上の科目は、単位を修得したものと認定する。
評点 評語 基準
100〜80 優 又は 5 修得した基本的知識及び技能を応用できる
79〜70 良 又は 4 基本的知識及び技能を修得している
69〜60 可 又は 3 最低限必要な基本的知識及び技能を修得している
59〜0 不可 又は 1 最低限必要な基本的知識及び技能を修得していない
ページのトップへ

機械工学科アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

 機械工学科では、本校の教育理念及び学習・教育目標、さらには、学科の教育目的を踏まえ、総合的な基礎学力を十分に有する、次のような人の入学を求めています。

  1. 科学技術者になりたいという志を持っている人。
  2. 人類の繁栄と地球環境を守るための科学技術に関心のある人。
  3. 国際的な場で活躍したいという希望をもっている人。
  4. 工業技術に興味があり、自ら進んで学習する意欲のある人。
  5. 数学や理科などの自然科学系科目が得意で興味のある人。

1.入学者選抜の基本方針

(1)推薦入学者選抜
出身中学校等から推薦された志願者のうち、機械工学科入学の意志が強固で、同学科における学修に必要な基礎学力並びに適性及び関心がある者を調査書及び面接により選抜する。
(2)一般入学者選抜
機械工学科入学を志望し、同学科における学修に必要な基礎学力を十分にもつ者を調査書及び学力検査により選抜する。
(3)編入学者選抜
機械工学科編入学を志望し、同学科における編入学後の学修に必要な基礎学力と適性がある者を調査書、学力検査及び面接により選抜する。
ページのトップへ
群馬工業高等専門学校 〒371-8530 群馬県前橋市鳥羽町 580 番地
Tel. 027-254-9000(代表) Fax. 027-254-9022