教育理念、教育目的、学習・教育目標

教育理念

 科学技術を通し、地球と人の調和をはかり、人類の繁栄に貢献できる人材を育成する。

学習・教育目標

(1) 教育理念に基づく5年ないし7年間の一貫教育による教育目標
 最も得意とする工学の知識と異なる分野の工学の知識を融合することにより、専門分野を広い視野で捉えることができ、将来、より高度な技術的課題に取り組むことができる基礎能力を有する技術者を養成する。

(2) 教育目標を達成するため、各課程においての共通の「学習目標」並びに学科及び専攻ごとの「専門分野の視点に立った学習目標」は、次のとおりとする。

1) 学習目標

準学士課程(学科共通)

A. 地球的規模での人、社会、環境について倫理・教養の基本を身に付ける。

  1. 人文社会系の科目の学習を通じて、人間文化と社会生活について理解する。
  2. 工学や技術の潜在的危険性を理解する。

B. 技術的問題解決のための幅広い工学の基本的知識を身に付ける。

  1. 工学の基礎となる自然科学の科目を理解する。
  2. 基礎工学科目の学習を通して、工学の基本を身に付ける。
  3. コンピュータリテラシーの基礎を学習し、それを簡単な工学的問題に応用できる。

C.技術的問題解決のための専門分野の基本的知識を身に付ける。

各学科における専門科目を学習することにより、技術的課題を理解し対応できる。

D.技術的課題を分析し、解決するためのシステムをデザインする基礎能力を身に付ける。

  1. 自然科学、基礎工学、専門工学の知識を用いて、現実の技術的課題を理解し、それを解決するための工夫ができる。
  2. 技術的問題解決のために必要な情報を収集し、解析するための基本となる情報処理技術及び工学的ツールを活用できる。
  3. 実験・実習科目の修得を通じて、自主的、継続的に学習できる能力を身に付ける。
  4. 設定された目標に対し、互いに連携を図りながら目標達成に向けた行動ができる。

E.コミュニケーション能力・プレゼンテーション能力を身に付ける。

  1. 自己の考えを論理的、客観的に口頭及び文章で表現できる。
  2. 異なった歴史や文化を持った人々の考えを理解できる。
  3. 英語の基礎的な文章を理解し、また英語で簡単な内容を伝えることができる。
専攻科課程(専攻共通)

A.地球的規模での人、社会、環境について倫理・教養を身に付ける。

  1. 人文社会系の科目の学習を通じて、多種多様な人間文化と社会生活を理解するとともに、ものごとに対して多角的観点から考察できる力を涵養する。
  2. 地球と環境に関連した科目の学習を通じ、将来、人と地球の調和をはかる科学技術の発展に貢献できる学力を涵養する。
  3. 工学や技術の潜在的危険性を理解し、技術者の社会的責任を自覚するための倫理観を身に付ける。

B.技術的問題解決のための幅広い工学の知識を身に付ける。

  1. 工学の基礎となる自然科学の科目を確実に理解する。
  2. 設計・システム系、情報・理論系、材料・バイオ系、力学系、社会技術系の基礎工学科目の学習を通して、各分野の工学の基礎知識を広く修得する。
  3. コンピュータリテラシーの基礎を学習し、それを技術的問題の解決に応用できる。

C.技術的問題解決のための専門分野の知識を身に付ける。

各専攻分野における専門科目を総合的に学習することにより、技術的課題が解決できる。

D.技術的課題を分析し、解決するためのシステムをデザインする能力を身に付ける。

  1. 自然科学、基礎工学、専門工学の知識を総合的に利用し、創造性を発揮して現実の技術的課題の解決に応用できる。
  2. 技術的問題解決のために必要な情報を収集し、解析するための情報処理技術及び工学的ツールを活用できる。
  3. 実験・実習科目の修得を通じて、自主的、継続的、そして計画的に学習できる能力を獲得する。
  4. 設定された目標に対し、互いに連携を図りながら目標達成に向けた行動ができる。

E.コミュニケーション能力・プレゼンテーション能力を身に付ける。

  1. 自己の考えを論理的、客観的に口頭及び文章で表現できる。
  2. 異なった歴史や文化を持った人々の考えに共感し、それを理解できる。
  3. 母国語以外の外国語で自己の考えを伝える基礎的能力を獲得する。

2) 専門分野の視点に立った学習目標

準学士課程(学科ごと)
1) 機械工学科

 産業技術や機械システムなどの機械工学分野に関する基礎知識を習得する。

2) 電子メディア工学科

 電子材料、エネルギー、電子情報通信などの電子メディア工学分野に関する基礎知識を習得する。

3) 電子情報工学科

 コンピュータのハードウエア、ソフトウエアなどの電子情報工学分野に関する基礎知識を習得する。

4) 物質工学科

 化学的な知識を基にして材料化学、生物工学などの物質工学分野の基礎知識を習得する。

5) 環境都市工学科

 計画、設計、施工、管理などの環境都市工学分野に関する基礎知識を習得する。

専攻科課程(専攻ごと)
1) 生産システム工学専攻

 機械工学、電子メディア工学、電子情報工学の各学科で修得した知識を基礎とし、より高度な専門各分野の知識及びそれらを融合した領域について学び、各種の機器、デバイス、システムなどの開発・設計・製造を行うための基礎的能力を身に付ける。

2) 環境工学専攻

 物質工学と環境都市工学の各学科で修得した知識を基礎とし、より高度な専門各分野の知識及び「環境」を主題とする、それらの融合領域について学び、自然環境の保全と分析、都市環境のデザイン、新しい材料や医薬品の創製、生物資源の開発などを行うための基礎的能力を身に付ける。

ページのトップへ

教育目的

準学士課程(学科ごと)
1) 機械工学科

 機械工学における力学、材料、加工及びエネルギーの分野を中心に、当該分野等に係る基礎的な知識及び理論、並びにこれらを応用する機構、制御、設計、解析等の知識、理論及び技術を実践との結びつきを重視しつつ、修得させるとともに、その過程を通じて、創造的な人材を育成する。

2) 電子メディア工学科

 電子メディア工学における情報通信、新エネルギー及び電子材料の分野を中心に、当該分野等に係る基礎的な知識及び理論、並びにこれらを応用するエレクトロニクスの知識、理論及び技術を実践との結びつきを重視しつつ、修得させるとともに、その過程を通じて、創造的な人材を育成する。

3) 電子情報工学科

 電子情報工学におけるハードウェア及びソフトウェアの分野を中心に、当該分野等に係る基礎的な知識及び理論、並びにこれらを応用する情報・通信・計算機工学等の知識、理論及び技術を実践との結びつきを重視しつつ、修得させるとともに、その過程を通じて、創造的な人材を育成する。

4) 物質工学科

 物質工学における物理化学、無機化学、有機化学、微生物学、生化学及び化学工学の分野を中心に、当該分野等に係る基礎的な知識及び理論、並びにこれらを応用する材料化学又は生物工学等の知識と理論及び技術を実践との結びつきを重視しつつ、修得させるとともに、その過程を通じて、創造的な人材を育成する。

5) 環境都市工学科

 環境都市工学における構造・力学、環境・衛生、水理・水工、材料・コンクリート、土質・地盤及び都市・交通の分野を中心に、当該分野等に係る基礎的な知識、理論及び技術、並びにこれらを応用する環境、都市、防災の知識、理論及び技術を実践との結びつきを重視しつつ、修得させるとともに、その過程を通じて、創造的な人材を育成する。

専攻科課程(専攻ごと)
1) 生産システム工学専攻

 高等専門学校における教育の基礎の上に、機械工学、電子メディア工学又は電子情報工学のいずれかの専門領域及び各領域を複合した領域においてこれらに係るより深く高度な知識、理論及び技術を実践との結びつきを重視しつつ、修得させるとともに、その過程を通じて、創造的な人材を育成する。

2) 環境工学専攻

 高等専門学校における教育の基礎の上に、物質工学(材料化学及び生物工学)又は環境都市工学のいずれかの専門領域及び各領域を複合した領域においてこれらに係るより深く高度な知識や理論及び技術を実践との結びつきを重視しつつ、修得させるとともに、その過程を通じて、創造的な人材を育成する。

ページのトップへ
群馬工業高等専門学校 〒371-8530 群馬県前橋市鳥羽町 580 番地
Tel. 027-254-9000(代表) Fax. 027-254-9022