一般教科
カリキュラム
教員紹介
進路情報
【人文科学】
 技術者として社会で活躍するためには、専門的な知識と技術だけでなく、成熟した社会人としての視野の広さ、コミュニケーション能力も含めた高度な社会性が必要です。群馬高専では、全科共通のカリキュラムを組み、豊かな人間性を育む一般教養系の科目の教育を行っています。
【自然科学】
あらゆる工学の基礎を支えるのが、数学、物理、化学、生物学などの自然科学です。群馬高専では、各学科の特性も考慮したカリキュラムを組み、高等学校から大学2年生までのレベルに相当する自然科学系の科目の講義を行っています。

Teacher'sVoice


一般教科(人文科学)教授
伊藤 文彦
 技術と人が世界規模で動き回るグローバル社会において、群馬高専は工学系の専門教育を重視しています。しかし、日本人としてあるいは地球人として、豊かな人間性を育む教養教育も、大切にしなければなりません。人文科目(国語・社会・保健体育・外国語)は、一つの理知的な解が存在する工学専門科目、数学、物理とは異なります。言うなれば、人生の解を求めていくために必要となる知識と考えてよいでしょう。
 我々日本人が有意義な社会生活を送るとともに、世界で勇躍するための基礎知識が人文科目であり、専門科目とともにたゆまず学習していくことにより、私たちは広い視野と深い教養を兼ね備えた人格者へと成長することができるのです。片手に工学の知識、もう片方の手に一般教養を身につけておけば、世界に通用する技術者・研究者となることができます。

一般教科(自然科学)講師
矢口 義朗
 数学や理科を勉強することは、単に知識を増やすことだけでなく、「自ら考え」、「表現する」、という力を身に付けることにつながります。例えば数学では、公式を丸暗記して問題を解き、単に正しい答えを出すことだけが重要なのではなく、「どうしてそれが成り立つか」という部分を筋道を立てて考え、説明することが重要です。
 「自ら考え」とは、全部自力で解決しなければならない、ということではもちろんありません。友達と相談しながら解決したり、授業中や放課後に先生に質問したり、問題意識をもって「自ら動く」ということだと思います。そうして自信と実力になっていきます。
 群馬高専の教員は皆、その道で活躍する研究者でもあり、確かな知識と研究者としての経験に基づいた授業でみなさんを全力で応援します!学生さんからの質問には、想像以上、期待以上に深く、わかりやすく答えてくれるでしょう!
ページのトップへ
群馬工業高等専門学校 〒371-8530 群馬県前橋市鳥羽町 580 番地
Tel. 027-254-9000(代表) Fax. 027-254-9022