専攻科
カリキュラム
教員紹介
進路情報
専攻科Webサイト
 学科における5年間の基礎の上に、大学3、4年次の課程に相当する、より高度で専門的な内容を積み上げて勉強するのが、専攻科です。機械、電子メディア、電子情報工学を主に修める生産システム工学専攻と、物質、環境都市工学を主に修める環境工学専攻の2コースがあります。

Teacher'sVoice

専攻科長
専攻科長
櫻井 文仁
(機械工学科教授)
 高専の5年間の勉強や体験を経て、さらに年齢的には大学3・4年にあたる2年間、それぞれの専門を堀下げて高度な内容を学ぶのが専攻科です。群馬高専専攻科は、ほとんどの学生が一定の審査を経て大学工学部卒と同じ工学士の学位を得たうえで、大学院に進学しています。本科の5年間と同様に自宅からの通学や寮の利用が可能で、慣れ親しんだキャンパスで学ぶことができ、学生と教員、学生同士の距離が近いのも特徴のひとつです。そうした環境の中で将来、企業や研究機関の技術者・研究者として先端で働くことを夢見て、日々、勉学や研究に取り組んでいます。

Student'sVoice

生産システム工学専攻科生
生産システム工学専攻1年
T.Y
 高専では入学当初から各学科の専門科目を通してより深い専門知識を学ぶことができ、一般科目も含めて原理をしっかりと理解していく学習方法です。学生同士の雰囲気が良いことはもちろんのこと、先生方が非常に親身に教えてくださり、5年間でしっかりとした知識を得ることができます。5年次ではその集大成ともいえる卒業研究によって、自身の知識をより強固なものにし、自身の力を大きく高められると思います。専攻科に進学するとさらに2年間同じ環境下で学業と研究に取り組めることは非常に大きなメリットだと感じています。
 一般校と様々な点で違い、入学に抵抗が大きいかと思いますが、体験授業や学校見学、文化祭等を通してぜひ一度見学にいらしてみてください。
環境工学専攻科生
環境工学専攻1年
T.I
 あなたの志は何ですか。そう唐突に尋ねられると、答えるのに戸惑ってしまうかもしれませんね。ですが今、この文章を読んでいるあなたは、工学という学問に興味があるのではないでしょうか。群馬高専では、工学に関する専門分野について、深く学ぶことができます。しかしながら、今日のエンジニアには、自らの専門分野以外の知識も求められます。
 現在、我が国ではグローバリゼーションが進展中であり、分野横断的な学びの必要性が叫ばれています。群馬高専には、5つの学科から成る本科という5年間の教育課程ののちに、専攻科というステージが用意されています。ここでは、本科で修得した知識をブラッシュアップさせ、自身のレベルの更なる向上を図ることができます。また、これまで5つに分かれていた学科が、2つの専攻に集約されることで、他分野との繋がりも生まれ、新たな発想やひらめきを得られることでしょう。
 群馬高専専攻科で、多くの素晴らしい知識や経験を積み、さあ私たちと一緒に世界へ飛躍してみましょう。
ページのトップへ
群馬工業高等専門学校 〒371-8530 群馬県前橋市鳥羽町 580 番地
Tel. 027-254-9000(代表) Fax. 027-254-9022