環境都市工学科
カリキュラム
教員紹介
進路情報
学科ホームページ
 環境都市工学科は、近年その重要性が叫ばれている環境問題や都市防災に関連した科学や工業技術の進歩を余すことなく導入できるよう、従来の土木工学科を発展させた学科です。当学科では環境と調和した土木事業を中心とした計画、設計、施工、管理にいたるまでの専門知識と最新技術を修得できるよう教育課程を組み立てています。

Teacher'sVoice


環境都市工学科 講師
鈴木 一史
 私たちが日々、安全・安心で便利な暮らしができるのは、ダム、発電所、トンネル、橋、道路や鉄道、上下水道などの社会基盤とよばれる施設(インフラストラクチャー)があるからです。環境都市工学科は、このような私たちの生活に身近で無くてはならない社会基盤の整備に関する学問を幅広く学べる学科です。充実した講義・実験実習に加え、現場見学やインターンシップなどの体験を通じて、学びをさらに深めることができます。
 また、本学科は、卒業後に幅広い進路選択ができるのも大きな特徴です。就職であれば民間企業から公務員、進学であれば大学への編入や、本校専攻科へ進めば専門内容をより深く学べ、その先は就職や大学院進学への道もあります。
 地図に残る仕事をしたい、人の役に立ちたい、みんなの暮らしをよくしていきたいなど、志のある人はぜひ私たちと一緒に環境都市工学科で学び、よりよい未来を築いていきましょう。

Student'sVoice


環境都市工学科4年
S.N
 環境都市工学科では道路、橋、ダム、トンネルなどの私たちの生活に身近な分野について学んでいます。専門科目は教室での授業だけでなく、実際に外に出て実習を行います。実習を行うことで内容や目的の把握や、学んだ知識が現場でどのように利用されているのかという理解を深めることができます。また、実際の現場へ見学に行く機会も数多くあります。工事しているところを見たり現場の方々のお話を聞くことで、仕事に就いたときのイメージを認識できます。
 この学科の一番の特徴は知識を得るだけでなく、活用することで体に染み込ませることだと思います。専門科目は初めは手を出しにくいかもしれませんが、先生方がわかりやすく教えて下さったり友達同士で協力しあっています。少しでも興味があれば環境都市工学科で一緒に勉強しませんか。
ページのトップへ
群馬工業高等専門学校 〒371-8530 群馬県前橋市鳥羽町 580 番地
Tel. 027-254-9000(代表) Fax. 027-254-9022