電子情報工学科
カリキュラム
教員紹介
進路情報
学科ホームページ
 コンピュータや通信機器の設計、これを用いた情報処理、情報通信などの技術開発に必要な電子工学・情報工学の勉強をするのが、電子情報工学科です。電子情報工学科では、専用のワークステーションにつながれたパソコンを一人一台利用した、高度で専門的なプログラミング教育を行っています。

Teacher'sVoice


電子情報工学科 准教授
市村 智康
 1990年代、いわゆるインターネットと携帯電話の急速な普及により、一般家庭でも情報化が進み、コンピュータをはじめとする情報技術が大変身近な存在になりました。そして、現代2010年代には、コンピュータの高性能化と低価格化により、IoTや第4次産業革命と呼ばれる情報化による技術革新の大きな波が世界を変えつつあります。
 電子情報工学科は、こうした現代社会の情勢に応え、「コンピュータと未来を拓く」エンジニアの育成を目指しています。その実現のため、カリキュラムは、コンピュータの1)理論、2)ハードウェア、3)ソフトウェアを中心にバランス良く構成されています。さらに、プログラミングや論理回路設計などの実験実習を通して実践的な技術も身に付けられます。
 まずはスマートフォンやビデオゲームなどへの興味から電子情報工学科へ入学し、さらに次世代を変えるエンジニアを目指す、という選択肢も良いのではないのでしょうか。

Student'sVoice


電子情報工学科4年
H.S
 電子情報工学科では名前の通り電子工学や情報工学、簡単に言うとコンピュータに関わる知識を授業や実験実習で学びます。
 スマートフォンやパソコンの普及から分かるように、現代は高度に情報化が進んでいます。そんなこれからの世の中では、この学科で学ぶ知識は非常に重要になってきます。電子情報工学科の授業は決して簡単なものではありませんが、確実に私たちの実力になるでしょう。
 入学の際に専門的な知識がなくてもプログラムの初歩から授業で教えてもらえるので安心です。私も全くプログラミングの知識がない状態で入学したのですが、教えて下さる先生やプログラムが得意な友人の協力もあり頑張れています。
 プログラミングに興味のある方、情報系の仕事に進みたい方、大歓迎です。電子情報工学科で一緒に学びましょう!
ページのトップへ
群馬工業高等専門学校 〒371-8530 群馬県前橋市鳥羽町 580 番地
Tel. 027-254-9000(代表) Fax. 027-254-9022