電子メディア工学科
カリキュラム
教員紹介
進路情報
学科ホームページ
 現代社会は、電子を媒介とした様々な科学技術によって支えられています。 これら電子が関連した現象、なかでも情報通信、エネルギー変換、それらを支える電子材料の基礎を中心に学びます。 そのため、これらの技術の基礎になる、物理や数学などの自然科学教育を重視したカリキュラムを組んでいます。 これにより、本学科は将来の社会の変革に負けない創造的技術者の養成を目指しています。

Teacher'sVoice


電子メディア工学科 准教授
佐々木 信雄
 エレクトロニクス、なかでも電気電子・情報通信、エネルギー変換や、これらを支える電子材料に関係する工学は、私たちの生活に欠かせぬものになっています。本学科は、電子の運動が関与する広い科学分野に対応でき、社会の変革に負けない技術者を育成する学科です。
 このため、各専門工学はもちろんですが、基礎としての物理、数学、英語などの科目、更に、一般教養として、幅広い分野の選択科目もカリキュラム上用意されています。これらは、将来の科学技術の進歩に十分対応できるように配置されています。
 このため、卒業生たちが将来活躍できる分野は、電気・電子系はもちろん、新しい世代のメモリー開発や、太陽光発電システムの開発、通信技術、VLSIの開発、各種機能性材料の開発など、多岐にわたっています。

Student'sVoice


電子メディア工学科4年
T.I
 私たち電子メディア工学科は、これからも進歩し続ける電気の技術について学ぶ学科です。
 よく、何をやっているのかわからないともいわれることがありますが、それは電気の応用分野が広すぎるからです。高専生はほとんどが国立大学に進学して、様々な分野に進みます。そのため、数学、物理、化学について非常に重点的に学びます。それなので、「なんで太陽はずっと光っているの?」とか、「エアコンはどうやって冷たい風を送るのだろう?」などと「なぜ?」というような好奇心や知識欲が強い人にもお勧めです。また、最初の頃は何となく入っ たという人でも、何かしらの自分の好きな分野が見つかります。かくいう私も、ある実験を通して自分の好きな分野を見つけることができたのです。中学生の頃に作ったラジオのような電子 工作に興味がある人にはぴったりだったりします。
 ぜひ電子メディア工学科で、中学校で学んだ理科の先にある【物理】の楽しさを知りましょう。
ページのトップへ
群馬工業高等専門学校 〒371-8530 群馬県前橋市鳥羽町 580 番地
Tel. 027-254-9000(代表) Fax. 027-254-9022