機械工学科
カリキュラム
教員紹介
進路情報
学科ホームページ

 

 エンジンや自動車、航空機、ロボットなどを設計・開発するために必要な勉強をするのが、機械工学科です。機械工学科では、力学を中心とする機械工学の基礎学力を重視したカリキュラムを組んでいます。また、メカトロニクス技術、設計技術、工作機械を用いたものづくり教育にも力を入れています。

Teacher'sVoice


機械工学科 助教
平間 雄輔
 『機械工学』は、目的を達成するための機械・装置・ロボットなどを「設計」して、それを「製作」して、適切に「動作」させるまでの全てを対象とする学問です。機械工学科のカリキュラムは、『熱力学』、『流体力学』、『材料力学』、『機械力 学』など、力学に関する基礎科目に重点をおいています。
 また、工場実習や工学実験を通じて旋盤を始めとする、いろいろな工作機械の使い方や、機械工学のいろいろな原理を体得します。あわせて、レポートの書き方についても学習します。他にも、『電気工学』、『電子工学(エレクトロニクス)』、『情報処理』なども重視しています。電気工学、電子工学、情報処理については、これらを専門的に扱う学科に比べると専門性は劣りますが、機械系のエンジニアに必要な基礎知識は十分に学習できるようにカリキュラムを編成しています。

Student'sVoice


機械工学科4年
T.A
  機械工学科では機械の設計、製作、研究をするために必要な知識や技術を学ぶことができます。皆さんは「機械」と聞いて何を思い浮かべますか?電車、自動車、航空機、ロボットなど生活する中で目にしないことはないほど身の回りにはたくさんの機械がありますよね。そこで誰しも1度は「仕組みはどうなっているのだろう」とか「どう作っているのだろう」など興味を持ったことがあるのではないでしょうか。本学科では1年から3年まで工作実習という授業があります。この授業では工作機械を使って材料を加工し、部品を作ることができます。生産の現場で使っているものを近くで見て、自ら操作することができるのは高専ならではです。授業で専門の知識を身に付け、実習をすることで理解を深められます。授業だけでは物足りないという人には「ロボット研究会」もおすすめです。機械工学科で楽しく、充実した生活をともに送りませんか?
ページのトップへ
群馬工業高等専門学校 〒371-8530 群馬県前橋市鳥羽町 580 番地
Tel. 027-254-9000(代表) Fax. 027-254-9022