機械工学科
カリキュラム
教員紹介
進路情報
学科ホームページ

 

 エンジンや自動車、航空機、ロボットなどを設計・開発するために必要な勉強をするのが、機械工学科です。機械工学科では、力学を中心とする機械工学の基礎学力を重視したカリキュラムを組んでいます。また、メカトロニクス技術、設計技術、工作機械を用いたものづくり教育にも力を入れています。

Teacher'sVoice


機械工学科 助教
平間 雄輔
 『機械工学』は、目的を達成するための機械・装置・ロボットなどを「設計」して、それを「製作」して、適切に「動作」させるまでの全てを対象とする学問です。機械工学科のカリキュラムは、『熱力学』、『流体力学』、『材料力学』、『機械力 学』など、力学に関する基礎科目に重点をおいています。
 また、工場実習や工学実験を通じて旋盤を始めとする、いろいろな工作機械の使い方や、機械工学のいろいろな原理を体得します。あわせて、レポートの書き方についても学習します。他にも、『電気工学』、『電子工学(エレクトロニクス)』、『情報処理』なども重視しています。電気工学、電子工学、情報処理については、これらを専門的に扱う学科に比べると専門性は劣りますが、機械系のエンジニアに必要な基礎知識は十分に学習できるようにカリキュラムを編成しています。

Student'sVoice


機械工学科4年
S.O
  機械工学科は「思い」を「モノ」という形にするための知識や技術を身につけられる学科です。日々の生活で、こんなモノがあったらなぁ…と考えたり感じたりすることはありませんか?
 例えば、数トンもの重たい塊を片手で操れるような機構を考えて欲しい、人を乗せて空や宇宙を飛ぶ乗り物を作って欲しい―そんな様々な「思い」を形にした「モノ」が自動車やロボットであり、航空機や有人宇宙船なのです。このような私達の生活を支える便利な「モノ」たちは、機械工学の知識や技術、そして、計り知れない試行錯誤の上にできています。ものすごく難しいことに感じられるかもしれませんが、機械工学科では1年生のうちから自分の手で工作をしたり、専門性の高い科目を勉強したりできるので、「モノ」を作る力が自然に身についてきます。機械工学科で人々の生活に役立つあんなモノやこんなモノ、一緒に作ってみませんか?
ページのトップへ
群馬工業高等専門学校 〒371-8530 群馬県前橋市鳥羽町 580 番地
Tel. 027-254-9000(代表) Fax. 027-254-9022