群馬高専、創立50周年記念式典等を挙行

 群馬高専では,創立50周年記念式典を11月17日,前橋市のマーキュリーホテルで挙行した。式典の前に地元出身のソプラノ歌手とピアニストによるオペラ演奏会を開催した。式典では,竹本校長が「今後も,世界に通じるグローバル エンジニア育成のため前進していきたい」と式辞を述べ,次いで文部科学大臣(山野文科省官房審議官代読),国立高専機構理事長(五十嵐理事代読),群馬県知事(吉川副知事代読),山本前橋市長,富岡高崎市長,高田群馬大学長,新原長岡技術科学大学長並びに国際連携協定校の上海工程技術大学孫 副学長から祝辞が述べられた。続いて地元選出の国会議員など来賓紹介の後,出席者が校歌を斉唱し閉式した。

 同じホテル内の祝賀会では,記念式典の来賓に後援会長,同窓会長や歴代校長が加わっての鏡開きの後,山岸群嶺テクノ懇話会長の発声による乾杯,更に群馬高専ロボット研究会5年生が,50周年記念事業の一環として製作した青少年科学技術啓発用の搭乗型二足歩行ロボット「G-RoBo50(ジーロボフィフティ)」が披露され,参加した300名を超える卒業生,学生保護者,教職員・関係者は,大いに盛り上がった。

 また,当日は式典に先立ち,学校内で「ホーム カミングデー」を催し,昭和42年卒業の第一期生から今春の卒業生までOB 約100名が来校し,往時の人や風景との出会いを楽しんだ。

地元出身ソプラノ歌手の出来田三智子さんとピアニストの澤田まゆみさんによるオペラ演奏会

記念式典において文部科学大臣祝辞を代読する山野審議官

記念祝賀会において鏡開きを行う(左から)山本前橋市長,孫副学長,竹本校長,山野審議官,五十嵐理事

記念祝賀会において披露された青少年科学技術啓発用搭乗型二足歩行ロボット「G-RoBo50」(ジーロボフィフティ)

ページのトップへ
群馬工業高等専門学校 〒371-8530 群馬県前橋市鳥羽町 580 番地
Tel. 027-254-9000(代表) Fax. 027-254-9022