本校学生が第13回ヤマダ電機フォトコンテスト2018にて最高賞「ヤマダ電機大賞」を受賞しました

 本校機械工学科5年生の大野天夢(おおの てんむ)さんが、第13回ヤマダ電機フォトコンテスト2018にて最高賞である「ヤマダ電機大賞」を受賞し、表彰式が2018年7月28日に群馬県高崎市のヤマダ電機LABI1ライフセレクト高崎で開かれました。同コンテストには「ぐんまの風景」「赤城自然園」「人物写真」「高校組写真」の4部門があり、寄せられた計615点の作品の中から4部門の頂点に輝く作品として、大野さんの作品「光跡」が選ばれました。天の川が輝く幻想的な星空とその下に広がる夜の山並みが見事な対比を見せており、山の道路を走る自動車のテールランプが描く炎のような軌跡が印象的な絵画のような作品です。この作品は「ぐんまの風景」部門に応募されたもので、渋峠(草津町)にて深夜に撮影されたとのことです。大野さんの卓越した美的センスはもとより、良い作品を撮影するための確かな行動力と強い忍耐力が、今回の素晴らしい成果につながったと言えます。大野さんは卒業後の進路として光学機器メーカーに就職が内々定しており、その能力を活かした活躍が今後も期待されます。

大野さんのコメント

 友人にコンテストのことを聞き、これまで風景写真に多く取り組んできたことから、「ぐんまの風景」部門に自信作を何枚か応募してみました。大賞をいただいた作品は、草津の渋峠のあたりで深夜零時頃に撮ったものです。天の川が浮き上がるようなイメージを大切にしながら、車のテールランプの残像が効果的に入り込むように工夫しました。大賞はすべての部門の作品を合わせて1点のみでしたので、担当の方から大賞受賞の電話をいただいたときには、嬉しさよりも先に驚きがありました。関係者の皆様には、この場を借りて厚く御礼申し上げます。卒業後は光学機器メーカーで働かせていただくのですが、写真を撮る人の目線を大切にして、より良い製品を世に送り出していきたいと思っています。

賞状を手にする大野さん
賞状を手にする大野さん

光跡
大賞を受賞した作品「光跡」

ページのトップへ
群馬工業高等専門学校 〒371-8530 群馬県前橋市鳥羽町 580 番地
Tel. 027-254-9000(代表) Fax. 027-254-9022