平成26年度パテントコンテスト入賞報告

平成27年1月26日(月)、高校生・高等専門学校生・大学等学生の知的財産マインドを育てるとともに、知的財産権制度の理解を促進することを目的に開催された「平成26年度パテントコンテスト」(主催:文部科学省、特許庁、日本弁理士会、(独)工業所有権情報・研修館)において、本校の学生が特許出願支援対象者として表彰されました。

平成24年度以来,3回目の受賞です。当日は元宇宙飛行士の毛利衛様(日本科学未来館 館長)が審査委員長で参加され、激励の言葉をくださいました。

今回は、応募総数494件(うち高専部門106件)で、審査の結果、高専部門で7件表彰され、そのうち、2件が本校でした。機械工学科5年永沢秀人さんが「非密閉式中空円筒内圧試験装置」で、同じく加辺雅文さんが「ブックカバー型開本保持装置」で特許出願支援対象者として入選しました。http://www.inpit.go.jp/jinzai/contest/patent/index.html

さらに、今年度は優れた取り組みとして、本校に「文部科学省科学技術・学術政策局長賞」が授与されました。これは機械工学科の知的財産権教育の定着のため、(独)工業所有権情報・研修館の「知的財産に関する創造力・実践力・活用力開発事業」に7年間取り組んできた成果が認められてものです。機械工学科をはじめ、展開を支持してきた元教務主事樋口博教授、学修単位化を支援してきた前教務主事青木利澄教授のもとで行われたものです。積極的に取り組んできた機械工学科黒瀬雅詞教授が表彰に参加してきました。今後も知財教育の活動が期待されます。

学生は今後、(独)工業所有権情報・研修館から特許出願の支援を受け、特許権の取得を目指します。

全体写真-4

写真左から西尾学校長、加辺さん、永沢さん、黒瀬教授

-1表彰

表彰式の様子

 

ページのトップへ
群馬工業高等専門学校 〒371-8530 群馬県前橋市鳥羽町 580 番地
Tel. 027-254-9000(代表) Fax. 027-254-9022