本校専攻科生が第48回下水道研究発表会で表彰

 社団法人日本下水道協会主催の第48回下水道研究発表会が平成23年7月26日~28日に東京ビッグサイトで開催され、専攻科環境工学専攻2年の生方明日香さんと高瀬陽彦さんがポスター発表セッションにおいて佳作を受賞しました。
 本研究発表会は、国、地方公共団体、研究機関、民間企業等の研究者、実務者が、下水道の技術や経営などに関する日頃の研究成果や実務事例を発表し、相互に情報交換、交流を図ることで、下水道事業の発展並びに下水道技術の進歩・向上を図ることを目的として開催されている下水道分野最大のイベントです。
 ポスター発表セッションでは、国内外合わせて16編の発表の中から、最優秀賞1編、優秀賞1編、佳作2編が選出され、本校の生方さんと高瀬さんの発表が佳作受賞となりました。

【表彰結果】
○ 佳作「バチルス菌優占化曝気槽でのバチルス属細菌による大腸菌の抑止効果」(専攻科環境工学専攻2年 生方明日香)

○ 佳作「ディスポーザー推進特例市の公共下水道終末処理場に及ぼす排水の影響と原単位の測定」(専攻科環境工学専攻2年 高瀬陽彦)

ページのトップへ
群馬工業高等専門学校 〒371-8530 群馬県前橋市鳥羽町 580 番地
Tel. 027-254-9000(代表) Fax. 027-254-9022