ぐんまプログラミングアワード2018において本校専攻科学生がアプリケーション部門の協賛企業賞を受賞

 平成30年3月24日、上毛新聞社主催、前橋市・前橋市教育委員会共催の「ぐんまプログラ ミングアワード(GPA)2018」において、本校専攻科生産システム工学専攻1年(受賞当時)の及川隼平さん、鹿島大河さん、藤田俊さんからなるチームの提案(開発プロジェクト名 「Project LOCUS」)が、アプリケーション部門の協賛企業賞「日東システム開発賞」を受賞しました。
 オリジナルのアプリケーションのアイデアと完成度が評価されるアプリケーション部門では、全国から集まった応募から13組が最終審査に残り、審査会場でのプレゼンテーション審査が行われました。
 生産システム工学実験をきっかけとして切磋琢磨する中でチームとなり、限られた時間でIoTに関するシステムの企画・設計・実装を進め、審査において企業の方々の前でプレゼンテーションを行なったことは、貴重な体験を得る機会となりました。また、そこから生まれた成果が協賛企業賞という形で評価されたことは、これまでの歩みと現在位置を再確認する機会となり、さらに高みを目指して歩みを進めるための自信となったようです。

gpa

ページのトップへ
群馬工業高等専門学校 〒371-8530 群馬県前橋市鳥羽町 580 番地
Tel. 027-254-9000(代表) Fax. 027-254-9022