ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI(平成30年度)

hiratoki_sub_header

 本事業は、日本学術振興会が「大学や研究機関で「科研費」(KAKENHI)により行われている最先端の研究成果に、小学5・6年生、中学生、高校生の皆さんが、直に見る、聞く、触れることで、科学のおもしろさを感じてもらうプログラム」として実施している事業で、今年度群馬高専から以下の2件の提案が採択されました。
 興味・関心のある中学生の皆様の参加をお待ちしています。

(独)日本学術振興会のホームページはこちらから

ものつくり化学にチャレンジ!!—①光るイクラと②電気が流れる葉脈をつくろう!

概要

 太陽光が手にあたると暖かく感じます。どうして暖かくなるんでしょうか。また、電気が流れないものに電気を流したい。さて、どうすればよいでしょうか。不思議と思うこと、何とかしたいと思うことは科学や技術の進歩に不可欠です。今回の実験では、光のエネルギーと電気を流す工夫の二つのテーマについて、皆さんに実験を体験して頂こうと思います。第1 回では人工イクラをつくる技術を活かして光が当たると蛍光を放つイクラを作ります。第2 回では無電解メッキの技術を使って葉脈に金属をメッキして電気が流れる葉脈を作ります。こうした実験はまた何に使えるのか一緒に考えてみましょう。
 光るイクラはできるのか、葉脈に電気は流れるのか・・・未来博士を目指して、すべてはチャレンジから始まる!!!

開催日

①光るイクラの実験 平成30年8月8日(水) ⇒ 平成30年8月22日(水) ※申込締切は平成30年7月25日(水)
②電気が流れる葉脈の実験 平成30年9月15日(土) ※申込締切は平成30年8月31日(金)

場所

群馬工業高等専門学校 物質工学科

問合せ・申込先

群馬工業高等専門学校 物質工学科 出口米和
TEL:027-254-9210  Mail:deguchi@chem.gunma-ct.ac.jp

プログラムの詳細はこちらからご確認ください。

目に見えない小さな分子の動きをコンピュータで見てみよう

概要

 すべての物質は目に見えない小さな分子からできています。このプログラムでは分子動力学シミュレーションという方法を用いることで、分子の動きをコンピュータの中に再現し、物質の性質や運動についての理解を深めることができます。固体、液体、気体の違いは分子の配置や動きからよく理解することができますし、蒸発や凝縮などの相変化も分子の動きからわかります。また、分子の動きと実際の現象の対応を理解するために、風洞による流れの実験や金属蒸発を利用するレーザ加工も行います。

開催日

①平成30年12月15日(土) ※申込締切は平成30年12月3日(月)
②平成30年12月16日(日) ※申込締切は平成30年12月3日(月)

場所

群馬工業高等専門学校(流体研究室、実習工場、設計実習室)

問合せ・申込先

群馬工業高等専門学校 機械工学科 矢口 久雄
TEL:027-254-9141  Mail:yaguchi@mech.gunma-ct.ac.jp

プログラムの詳細はこちらからご確認ください。

ページのトップへ
群馬工業高等専門学校 〒371-8530 群馬県前橋市鳥羽町 580 番地
Tel. 027-254-9000(代表) Fax. 027-254-9022