創立50周年記念事業の概要

 群馬工業高等専門学校は平成24年に創立50周年を迎え、さまざまな記念事業を実行しました。

海外研修等支援基金の創設

 本校は、平成18年3月に国際交流を推進するため、中国の上海工程技術大学との教育学術交流に関する連携協定の締結及び平成20年1月に同じく中国の上海市業余科技学院と交流に関する連携協定を締結し、教職員・学生の交流を開始しました。
 また、平成23年度から国際社会で活躍できる人材の育成を更に進めるため、英語圏での研修支援プログラムを開始することになりました。
 ついては、海外研修等支援基金を創設し、海外インターンシップへの学生派遣や英語圏への夏休み語学留学の支援などに使用する予定です。

正観寺沼(西湖)の環境整備

 本校西端の敷地内にある正観寺沼(西湖)は、前橋市や高崎市などの住宅地では他に類を見ない野鳥の宝庫であり自然豊かな里山と言われています。
 この正観寺沼(西湖)は、環境分野等の教育研究に活用している傍ら、学生や教職員、近隣住民等も野鳥の観察に訪れ有意義な憩いの場となっております。
 ついては、自然豊かな正観寺沼(西湖)の環境を維持しながら来校者の安全性を確保するため、フェンスや野鳥観察場所等の整備を計画しています。

青少年科学技術啓発用ロボットの制作

 近年、青少年の理科離れを憂う声が高まっています。一方、本校は「全国高等専門学校ロボットコンテスト」に積極的に参加し、近年高い評価を得ています。
 ついては、本校の学生が中心となり、青少年に科学技術の楽しさをアピールする青少年科学技術啓発用ロボットの製作を計画しています。

記念碑・記念品等の作成

 遠くの場所から群馬高専であることが認識できる記念碑(LED)の設置や本校に関連した記念品等の作成を計画しています。

五十年史の刊行

 本校は平成24年に創立50周年を迎え、半世紀の歴史を刻むことになります。記念行事の一環として、五十年史を刊行する予定です。

記念式典、記念講演会等の実施

 平成24年11月に本校において創立50周年記念式典、記念講演会及び祝賀会を挙行する予定です。同窓生、来賓の方々のご列席をいただき、在校生及び教職員とともに、創立50周年をお祝い致したいと考えております。
 また、50周年を記念して在校生による榛名山登山を予定しています。

 

←【50周年】トップに戻る

 

ページのトップへ
群馬工業高等専門学校 〒371-8530 群馬県前橋市鳥羽町 580 番地
Tel. 027-254-9000(代表) Fax. 027-254-9022