創立50周年事業への募金のお願い

創立50周年記念事業遂行のため募金活動を展開することといたしました。
募金の趣旨にご理解とご賛同をいただき、何とぞ格別のご協力とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

募金の目的

独立行政法人国立高等専門学校機構・群馬工業高等専門学校「創立50周年記念事業」実施のための資金調達

募金の種類

2口以上のご寄付を賜りました方に五十年史を贈呈いたします。
(できるだけ多数口をお願いします。また、口数単位や金額の多寡にかかわらず、ありがたくお受けします。)

募金の期間

平成23年6月から平成25年7月

募金の対象者

本事業の趣旨に賛同する個人及び法人等で次に該当する方

募金の方法

所定の払込用紙・振込用紙によりお願い致します。
(下記「寄附金に関する問い合わせ先」までお問い合わせください。)

寄付者の顕彰

ご寄付頂いた方のご芳名、法人名等を本校のホームページに掲載させて頂く予定です。
ご希望されない場合は、振込用紙の備考欄にその旨ご記入をお願い致します。
なお、10口以上のご寄付を頂いた方には、記念銘板にご芳名を記載し、校内に末永く顕彰させて頂きます。(ご寄付の口数により、文字の大きさ等が異なる場合があります。)

さらに、1,000万円以上のご寄付を頂いた方には、本校学生が海外で英語研修等を受ける際に支給する支援金に寄付者の名称(例:「○○○○奨学金」)を付することにより、学校としての感謝の意を表すことを予定しております。

寄附に対する税制上の優遇措置

○所得税

所得税法上の寄附金控除の対象となる特定寄附金(所得税法第78条第2項第2号)及び法人税法上の全額損金算入が認められる指定寄附金(法人税法第37条第4項第2号)として財務大臣から指定されております。
従って、寄附金については次のような優遇措置が講じられます。

○個人住民税

都道府県、市町村の条例で独立行政法人国立高等専門学校機構が寄附金税額控除の対象とされている場合、所得税の寄附金控除に加えて、次のとおり住民税の控除が受けられます。

但し、控除対象寄附金の合計額が総所得金額の30%を上回る場合は、総所得金額の30%が限度となります。

○寄附金控除を受けるための手続き等について

所得税の確定申告時期に、払込取扱票に附属している「振替払込請求書兼受領書」や「払込金(兼手数料)受取書」又は本校が発行した「領収書」を添えて所轄の税務署に「確定申告書」を提出して下さい。
所得税の確定申告をせず、住民税の寄附金税額控除のみ受ける場合は「道府県民税・市町村民税 寄附金税額控除申告書」に「振替払込請求書兼受領書」又は「領収書」を添えて住居地の市町村に提出して下さい。

寄附金に関する問い合わせ先

〒371-8530 群馬県前橋市鳥羽町580
独立行政法人国立高等専門学校機構群馬工業高等専門学校総務課財務係

電話 027-254-9027
FAX 027-254-9045

メールアドレス zaimu@jim.gunma-ct.ac.jp



←【50周年】トップに戻る

ページのトップへ
群馬工業高等専門学校 〒371-8530 群馬県前橋市鳥羽町 580 番地
Tel. 027-254-9000(代表) Fax. 027-254-9022